ヒメヤの時事ネタブログ

このブログを見れば、最近の流行りがすぐにわかる!

【呪術廻戦】134話 感想とネタバレ!偽夏油の正体!京都校が参戦!

こんにちは!


姫矢です! (*´∀`)♪


今回は、


現在、週刊少年ジャンプで連載中の、


大人気の漫画作品である、


呪術廻戦の第134話の感想とネタバレ


について、ご紹介させていただきます!



■今回のお話で注目すべきポイント!■


・偽夏油が真人を球体にした呪霊操術 極ノ番『うずまき』について

・京都校の生徒たちの参戦

・偽夏油の正体=加茂憲倫=????

・脹相と虎杖悠仁は兄弟!?


の、4つです!


いや〜、


まさか、本当に姉妹校である、


京都校の生徒たちが助けに来てくれるなんて!



最高のタイミングですよね!



三輪ちゃんのシン・陰流もよかったですよね!



『抜刀』して斬りかかったのを、


偽夏油に簡単に受け止められて、


すぐに、刀折られてましたけど汗



それでもビビったりして、


お漏らしなどを、


したりしなかったのは、


だいぶ、偉いよ!



三輪ちゃん!


それと!



偽夏油の正体は、


多くの人たちが、予想していたとおりに、


加茂憲倫でしたね!



しかし!



偽夏油が言うには、


その加茂憲倫すらも、


自分の内の一つでしかないとのことです!


てことは、


加茂憲倫という人物も、


偽夏油が演じていた1人に過ぎなかったのでしょうか?



偽夏油の、本当の正体はだれなのか?


あと!



脹相が虎杖悠仁に対して、


「俺はお兄ちゃんだぞ!!!」


と言っていたのも気になりましたね!



虎杖悠仁の持つ、存在しない記憶を他人に植え付ける能力をくらっているのか?



それとも本当に兄弟なのか?



この辺の関係性は、


次の回の話で明かされるのでしょうかね?


それにしても、


毎回毎回、


物語が、どんどん面白くなっていきますよね!



次の回の話も、非常に気になりますよね!



↓アニメの方は、こちらから1ヶ月の間は無料で体験できます!



Amazonプライム・ビデオに登録する


気になった方は、ご覧になってみてはいかがでしょうか?


読者登録の方も、よろしくお願いします m(*_ _)m


それでは、今回はこの辺で (・ω・)ノシ

プライバシーポリシー お問い合わせ