ヒメヤの時事ネタブログ

このブログを見れば、最近の流行りがすぐにわかる!

【呪術廻戦】134話 感想とネタバレ!偽夏油の正体は加茂憲倫!京都校が助太刀に!

こんにちは!


姫矢です! (*´∀`)♪


今回は、


現在週刊少年ジャンプで連載中の、


超話題になっている、


超人気の漫画作品である、


呪術廻戦の第134話のネタバレと感想


について、ご紹介させていただきます!


虎杖に怯えて逃げ出した真人を、


『極ノ番 うずまき』


という、


呪霊操術で、


真人を球体の状態にして、


それを食べて、


自身の身体に吸収して、


パワーアップしてしまった、


偽夏油こと、


加茂憲倫!


そこで!


虎杖たちの、


助けにやってきた、


京都校の生徒たち!


ここは、


過去に、主人公たちと戦ったことのあるキャラクターたちが助けに来るという、


少年漫画の王道パターンで、


とても、熱い展開でしたよね!


それにしても、


偽夏油こと、


加茂憲倫、強すぎませんか?



呪霊を球体の状態にして、


取り込んで、自分の力にできるなんて!



いままでに、4000体以上の呪霊を取り込んでいるみたいですし…



方陣営で最強の五条先生は、


すでに封印されていて戦うことは出来ませんし…


正直に言って、


京都校の生徒メンバーが来たからと言って、


必ずしも、勝てるとは思わないですよね?


京都校の生徒メンバーが好きな人たちには、


申し訳ないのですが、


とても、頼りないというか…



一体、どうやって加茂憲倫を倒すのか?


ていうか、


渋谷編も、チャプター50まで来ているんですね笑



思ったよりも、長いことつづいていますよね笑



今回のお話も、とても面白かったですよね!



次の話も、非常に気になりますよね!



↓アニメの方は、こちらから1ヶ月の間は無料で体験できます!



Amazonプライム・ビデオに登録する


気になった方は、ご覧になってみてはいかがでしょうか?


読者登録の方も、よろしくお願いします m(*_ _)m


それでは、今回はこの辺で (・ω・)ノシ

プライバシーポリシー お問い合わせ