ヒメヤの時事ネタブログ

このブログを見れば、最近の流行りがすぐにわかる!

【呪術廻戦】135話 感想とネタバレ!虎杖悠仁は呪胎九相図だった!?

こんにちは!


姫矢です! (*´∀`)♪


今回は、


週刊少年ジャンプで連載中の、


超人気の漫画作品である、


呪術廻戦の第135話の感想とネタバレ


について、ご紹介させていただきます!



まず、最初に!



これは、


あくまでも私、個人による勝手な考察となっております!



絶対に、鵜呑みにはしないでください!



そこの所、よろしくお願い申し上げます!


前回の第134話の物語の展開の中で、


この作品の主人公である、


虎杖悠仁が、


呪胎九相図である可能性が出てきましたね!


■呪胎九相図とは?■



呪胎九相図は、


明治の初めに、


史上最悪の呪術師として名を馳せた、


加茂憲倫によって生み出された、


九体の呪物の総称のことです!



そこで!



前々回のお話である、


第133話の物語の展開の中で、


偽夏油こと、加茂憲倫が、


虎杖悠仁に対して口にした、


「我ながら流石と言うべきか」


「宿儺の器タフだね」


というセリフを思い出してください!



このセリフを読み解くと、


偽夏油こと、加茂憲倫は、


自分が作り上げた呪胎九相図である、


虎杖悠仁のことを褒めていると、


捉えることができます!



このようなセリフから、


この作品の主人公である、


虎杖悠仁は、


呪胎九相図なのではないのかな?


と、個人的には思いました!


これから、


呪術廻戦という作品には、


一体、どのような物語や展開が待ち受けているのか?



非常に、気になりますよね!



非常に、楽しみですよね!



↓アニメの方は、こちらから1ヶ月の間は無料で体験できます!



Amazonプライム・ビデオに登録する


気になった方は、ご覧になってみてはいかがでしょうか?


読者登録の方も、よろしくお願いします m(*_ _)m


それでは、今回はこの辺で (・ω・)ノシ

プライバシーポリシー お問い合わせ