ヒメヤの時事ネタブログ

このブログを見れば、最近の流行りがすぐにわかる!

【森喜朗会長の「性差別」発言!海外メディアが批判!】【森喜朗】【謝罪会見】【女性軽視】【東京五輪】

こんにちは!


姫矢です! (*´∀`)♪


今回は、


森喜朗会長の「性差別」発言!海外メディアが批判!】【女性軽視】【東京五輪


について、ご紹介させていただきます!



東京オリンピックパラリンピック組織委員会森喜朗会長が3日の日本オリンピック委員会JOC評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」と発言した問題を巡り、森会長は4日、毎日新聞の取材に応じ、「女性を蔑視する意図は全くなかった」と釈明しました!

そのうえで森会長は自身の去就に触れ、「責任を果たさなければならないと思っているが、辞任を求める声が強くなれば、辞めざるを得ないかもしれない」と、辞任の可能性に言及したとのことです!

女性蔑視とも受け止められる発言が国内外で波紋を広げており、森会長は「軽率だった。おわびしたい」と述べ、今回の発言の真意について「一般論として、女性の数だけを増やすのは考えものだということが言いたかった。

女性を蔑視する意図はまったくない」と説明しました!

森会長は、さらに、「昨夜、女房にさんざん怒られた。
『またあなた、大変なことを言ったのね。
女性を敵にしてしまって、私はまたつらい思いをしなければならない』と言われてしまった。
今朝は娘にも孫娘にもしかられた」と語った。

今回の発言を受け、会長職の辞任を求める声が上がっていることについて、森会長は「そういう声が強くなれば、辞めざるを得ないかもしれないですね。
迷惑をかけるわけにいかないですから。
私は報酬をもらっているわけじゃないし、政治家としての経験を生かした最後のご奉公として今までやってきた。もう私についていけないと組織委の役員とか皆さんがおっしゃるなら、それはやむを得ないこと。邪魔になるというなら、辞めなきゃしようがないんじゃないかな」と語り、

森会長はこうも語ったりました!
「私自身も『老害』という批判を意識し、反省しながらやってきた。83歳ですから。でも気持ちの問題だと思っています」とのことです!


色々と、大変ですよね…



↓アニメの方は、こちらから1ヶ月の間は無料で体験できます!



Amazonプライム・ビデオに登録する


気になった方は、ご覧になってみてはいかがでしょうか?


読者登録の方も、よろしくお願いします m(*_ _)m


それでは、今回はこの辺で (・ω・)ノシ

プライバシーポリシー お問い合わせ